住宅

title 耐震住宅にするために

東北の震災以降、地震への備えとして以前に建てた注文住宅を耐震住宅にしたいと考える人が非常に増えています。
万が一のことを考えると当然のことですが、問題なのはすでに建築済みの家の耐震性をどう確保するかということです。
過去に注文住宅として建てた家でも、建てた当時は耐震住宅といったもの自体がなかったりしますから、自宅の耐震性がどうなっているのかしっかり確認する必要があります。
市町村の役場の窓口や建築士協会などで耐震性能を診断する専門家を紹介してもらうこともできますので、一度相談することをおすすめします。

耐震診断には一般診断法と精密診断法の2種類あります。
一般的な木造の注文住宅などであれば、一般診断法で十分耐震診断を行うことができます。
評価は数値で表され、数値が小さいほうが耐震性のが低いことを示しています。
耐震診断で、倒壊しないという評価が出れば震度6強クラスの地震でも建物が倒壊する可能性はかなり低いと考えることができます。

もし倒壊すると判断されれば、人命がかかわる事態が起こりえますので、耐震補強のリフォーム工事を検討すべきです。
きちんと強度計算などを行ってリフォーム工事をすれば、古い注文住宅でも耐震住宅へと生まれ変わらせることができます。
市区町村によっては窓口からの紹介を受けた耐震診断に費用の補助を付けているところもあります。
また耐震診断の結果、リフォーム工事によって耐震住宅としての性能を付与する工事を行うときにも、一定の補助金や税金の軽減などが受けられることもありますから、耐震診断やリフォーム工事に対する補助制度などがあるのかを確認しておくこともおすすめします。

広い住宅

title 耐震住宅の重要性

耐震住宅は、いつ巨大地震が起きるか分からない日本において重要な住宅の建築設備となります。
耐震住宅であれば、大きなゆれがあったとしても倒壊の危険が少なくなり、人命を守るうえてとても大切です。
耐震住宅のメリットは、ゆれを吸収する建築構造である住宅という点です。
ゆれが大きくなければ、家財道具の被害も最小限度にとどめることができます。

耐震住宅にするには、今現在住んでいる住宅の耐震診断を専門家に依頼するのがよい方法です。
なぜなら、検査を正確に行うことで、住宅の弱い部分が明らかになり耐震住宅にするために必要なリフォームの方法が明確になるからです。
耐震住宅にするには、一部の建築構造のリフォームですむ場合もあるので、診断結果をうけて相談して納得してから決めます。
リフォームするのであれば、予算も最小限度にとどめることができるので、安心して任せることが可能です。

耐震住宅では、リフォームのほかに注文住宅の形式で建築を依頼する場合もあります。
注文住宅ならば、注文する段階で耐震設備は十分整った建築物になるので、安心感がより大きいものになります。
また、専門の建築家とどのような注文住宅に仕上げるかについてを最初の段階から相談しながら決定するので、自分ならではの魅力ある注文住宅が仕上がります。
まずは、気になったら一度専門の建築事務所に相談と見積もりを依頼してみるのもよい方法です。
実際に建築された注文住宅の見学会もあります。